Category Archives: 木の話

第二話 木は現して活かして使うもの

ホーミ-スタディグル-プ」初代会長・NPO法人「幸せな家庭環境をつくる会」初代理事長で大工職人であった故冨田辰雄先生は、伝統住宅の継承者として、また長年の住環境の研究、普及活動の実績を高く評価され、1999年日本文化振興会より社会文化功 労賞受賞、国際学士院(International Academy of Education)より環境工学博士の称号を受けました。

その冨田辰雄先生が書いた本に、“樹木(木)は神なり 木は家庭の守護神なり”という著書があります。
そのなかで、「木が神なり」と言える理由を4つ、その著書でこう書かれています。
1)木という植物が数千年という信じがたい生命力を持っている。
2)根が大地から離れ、葉や枝をもぎ取られ、肉(樹身)を小刻みに切り離されても、腐ることなく、朽ち消滅することなく、原型をとどめている生命力。
3)たとえ落葉しても土に帰するまで悪臭もなく、他の生物の生存環境に悪影響を与えることもない。
4)木は樹木として繁殖し続ける時も、伐採され木材となり人間社会に貢献するときも、また枯れ果てるときも、地球上の環境に一度も弊害をもたらさない。

古今東西の歴史をひもといてみても、樹木による後遺症や副作用の事例は何一つ見当たらない。
木材も長所と短所の二面性があるが、自然界に迷惑をかけるようなマイナス面はないと言えるほどに、欠点が見当たらない。その事実は自然界に生息するあらゆる生き物の範たるものであり、「神」であり、自然そのものである。
といった具合である。
この本を読んで、ますます木を閉じ込め殺してしまって使った住まい(大壁だけの住まい)や、内装も無機質(地下資源)だけの住まいは、木にとっても人間にとっても相応しくないことや、
木を現して目で見えて、木を肌で触れぬくもりを感じて、自然を(心にも)感じられる住まい・環境づくりが、住む人にとって家族仲良く 安心平和な「幸せな家庭の永続」につながるのだ、とあらためて強く感じられました。

マンガ「ひばっ子いあもく年輪くん」でこのことをショ-トマンガにしました。

イアモク通販ショップの会員登録され、商品を購入いただいた方へ、

年末年始キャンペ-ン期限2017年1月31日まで、無料で著書プレゼント 

「樹は神なり著書希望」とメールで入力して送信してください。

 

NPO幸せな家庭環境をつくる会青森支部
住宅環境研究所イアモク  駒井まで

E-Mail iamoknenrin@komai-g.com

TEL 017-735-1835

第1話 青森ひばの効用 その1 〜健康〜

2005年6月20日の新聞(東奥日報)に、次のような記事がありました。
弘前大学の医学部保険学科の佐々木甚一教授(腫瘍免疫学)のグル−プの研究で、“青森ひば”などから抽出される成分「ヒノキチオ−ル」の「におい」にも抗菌作用があるというのです。
そこで、「住宅環境研究所イアモク」では、家族の幸福の第一の条件の『心身の健康』を保つために、この抗菌作用のある青森ひばを、住まいの内装に、各部屋少しづつでもお使いになることをお勧めしています。
ただし、浸透性の塗装を使い、膜を張らない塗料で仕上げる注意が必要です。
せっかく、青森ひばを床や壁に使って、肌に触れるようにしても、ウレタンやクリヤラッカ−など、木に膜を張る塗料を使ってしまっては、その効果はまったく期待できなくなります。 調湿・保温効果もほとんど薄れてしまいますね。
抗菌作用がある、ということは“空気が綺麗” “雑菌を寄せ付けない、予防する” “ひばの家には蚊がいない”ということですよね。
また、日本伝統の在来真壁(柱の見える)の住まいや、無垢の木材をたっぷり内装に使った住まいやお店は、訪れる人を暖かく迎え、安らぎも与えてくれますよね。
つまり、樹木は「心と体の健康」を守ってくれるのです