建築物省エネ法『戸建住宅編』勉強会&相談会開催

先週、2月5日(金)に、昨年11月に国土交通省から公募された「建築物省エネ法」に関する法改正に関するパブリックコメントの結果が公開されていました。
本改正は、住宅だけではなくすべての建築物に関する法律です。 今年4月から改正されるのは床面積300㎡以上の建築物に届出とかの規制がかかっていくものでした。
ただ、戸建ての小規模住宅については、2020年から義務化なのですが、今回のパブコメで「外皮基準の適用を除外できる住宅の判断に関するガイドライン(案)」が出され、全部で109件の意見応募でしたが、多数の意見がこの部分にあった様子です。
このガイドラインには結構具体的に書かれており、前段に《「地域の気候風土に応じた住まいづくりの観点から適切と認めるための判断に関するガイドライン」を整備予定。このガイドラインができるとそれを参考にして所管行政庁が指針を策定し、認定を行なう。》 とあります。
ただ、その内容を見ると、ちょっと地域によって不公平感があるように思われる部分があります。またこの法における伝統的木造住宅の定義についても納得がいかない部分もあり、まだまだ議論をしていく必要があると考え、当会からもパブコメを提出いたしました。

そこで、28年3月から【3/12・4/9・5/14 いずれも土曜日13時~15時】,当青森支部では、この法律について「勉強会&相談会」を開催することに致しました。

興味がおありの方どなたでも参加OKです。  A、今のお住まい家の省エネ性能を評価してほしい方   B、お店や事務所との併用住宅の場合はどうなるの  C、自分独自の伝統工法(在来工法)で家を建ててきたけど2020年以降は青森で建てられるのか気になっている大工さん  D、アパ-ト経営しているが、省エネ性能表示をして資産価値を維持していきたい方。 など     駐車場に限りがありますので、あらかじめ登録ください。

【内 容】  1)建築物省エネ法の概要【戸建て住宅編】
2)2020年義務化になるとどんな住まいが建てられなくなるの?
3)現在のお住まいの省エネ性能を数値化して差し上げます。
その他、内容について、お知りになりたい事や相談したいことあればお知らせください。 追加していきたいと思っています。※第1回から第3回は、同じ内容で開催します。いずれかの日程を選んでお申し込みください。その後も新しい情報や法改正があり次第、継続して開催していきますのでよろしくお願いします。

【申込み】次のチラシをダウンロ-ドして、電話又はFAXで開催日の1週間前までにお申し込みください。

チラシ表面はこちら

2016NPOチラシ表1100

チラシ裏面申し込み用紙はこちら

チラシ裏1100

 

【参加料】 無料 【ご自宅の性能判定希望の方で、間取図等お持ちでない方は、調査作成費として、3,000円~(場所や条件によってプラス費用2,000円程度)

※このサイトをご覧になり、現在お住まいのご自宅の性能評価のみ希望の方は、NPO事務局のイアモク店長「健さんブログ」(サイトの最後の方)で申し込み方法を確認の上、お申し込みください。